トップ > 施設概要/4.最終処分場

春日大野城衛生施設組合施設概要


| 1.春日大野城衛生施設組合 | 2.リサイクルプラザ | 3.ペットボトル・トレイ処理施設 | 4.最終処分場 | 5.浄化センター |

4.春日大野城一般廃棄物最終処分場

リサイクルプラザに持ち込まれたごみのうち、リサイクルできなかったガラスや陶器のくずなどを、敷地内にある最終処分場に埋め立てています。

稼働開始時期
平成6年12月(工期 平成5年2月~平成6年3月)
使用期限
令和6年3月31日まで(平成21年3月31日期限のものを15年間延長)
面積・容積
(令和2年3月31日現在)
総面積 14,594平方メートル
埋立地面積 7,900平方メートル
埋立容量 38,900立方メートル
埋立累計 16,457立方メートル
残余容量 22,443立方メートル
埋立率 42.3%

施設の運転管理
民間委託(株式会社障がい者つくし更生会(http://www.csf.ne.jp/~tukusi-2/index.htm)
処理方式
セル方式準好気性埋立
処理実績

年度 埋立量
平成16年度 979トン
平成17年度 1,228トン
平成18年度 960トン
平成19年度 983トン
平成20年度 930トン
平成21年度 869トン
平成22年度 819トン
平成23年度 807トン
平成24年度 837トン
平成25年度 807トン
平成26年度 820トン
平成27年度

826トン

平成28年度 834トン
平成29年度 816トン
平成30年度 873トン
令和元年度 741トン

令和元年度埋立状況の内訳
内訳 埋立量
埋立残渣の量 741トン
覆土の量 0トン
合計 741トン

4-1.排出水処理施設

処理能力
40立方メートル/日
施設の運転管理
民間委託(株式会社九電工)
処理方式
凝集沈殿処理(処理水は、公共下水道へ放流しています。)
水質検査
2カ月に1回、4カ所の水質検査を実施しています。
検査個所
浸透水(1カ所)、地下水(周辺2カ所)、処理水(放流水)の水質検査を実施しています。
水質基準
環境基準値、下水道放流水質基準などは、全てクリアーしています。
3.ペットボトル・トレイ処理施設 << >> 5.浄化センター

トップ > 施設概要/4.最終処分場

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!