コミュニティースクール
 春日西中学校のコミュニティ・スクールの取組み
学校・家庭・地域の「相互支援」から「協働体制」へ 
 春日西中学校と春日西小学校が、平成18年にコミュニティ・スクールに取り組み始めて以降、自治会やPTA、地域ボランティアが、野菜作りや運動会・体育祭・放課後学習・テスト採点・昔遊びなどを支援し、一方、生徒や児童が、地域清掃をしたり、夏まつり・敬老会・餅つきなどの地域行事に参加して地域に貢献する活動を続けたことで「学校と地域の相互支援体制」が出来上がりました。
 平成23年に「
WBC学校共育構想〜地域と共に生きていく児童・生徒の育成〜」をかかげ、西中と西小・白水小の三校とPTA、五自治会の三者が、WBC共育目標と施策を共有し、学校運営協議会が核となり、地域学校協働本部、学校支援地域本部が実働組織としてWBC協働ネットワーク作りを進めてきました。
 平成27年12月に、本校の学校運営協議会が「地域による学校支援活動」推進にかかわる文部科学大臣賞を受賞しました。西中校区の小中学校や5自治会、PTA、地域の大学、事業者が連携して、コミュニティ・スクールの「地域が学校を支援する、地域でも子どもを育成する、PTAが一人一役で参画する、学校が地域清掃や行事を支援し町づくりに貢献する、地域の大学が小中学校と連携して子どもの教育支援をする、事業者が子どもの職場体験で協力する」など、各々の強みを活かして実践活動に積極的取り組んできた成果がこの表彰に結びつきました。
 平成31年4月1日より西中サポート地域本部は、「春日西中地域学校協働本部」に変わりました
 
地域運営学校とは
春日西中学校では、平成23年度より校区内の2つの小学校【春日小・白水小】とともに、「WBC学校共育構想」を立上げ、3校が連携して教育活動を進めています。
 
 
地域ぐるみで学校づくりを推進する学校運営協議会
 コミュニティ・スクール(地域運営学校)は、学校運営協議会(学識経験者や地域住民代表、保護者代表、行政)が校長と責任を分かち合いながら、学校運営に携わっていくシステムで、地域ぐるみの学校づくりを実現することを目指してします。学校運営協議会を中心に、教育ビジョンの共有化を図りながら、学校・家庭、地域のそれぞれの役割を再確認し、連携を強化する取組みを実践しています。
コミュニティ・スクールの機関車役の春日西中地域学校協働本部
春日西中地域学校協働本部(旧西中サポート地域本部)は、平成20年に設置され、学校と地域・PTAが連携して進めるコミュニティ・スクールの推進・調整の役割を担います。
春日西中地域学校協働本部の役割は、「学習支援」「安全支援」「環境支援」の3つのコミュニティから成ります。
「学習支援コミュニティ」
学習支援コミュニティは、学力と体力について支援する組織です。「星雲タイム」などの総合学習の参加者への連絡調整、地域有識者や大学生の学習ボランティアの支援により土曜星雲塾、放課後星雲塾、星雲スポーツ塾(部活動セミナー)などを開催しています。
「安全支援コミュニティ」
安全支援コミュニティ問題行動の防止や安全確保について支援する組織です。問題行動の現状把握と対応を話し合う連絡会議や下校時の巡回などを実施しています。

「環境支援コミュニティ」
環境支援コミュニティは、学校の緑化、花壇の花植え、西中発地域情報誌ネビュラの発行、ホームページの制作・更新を実施しています。
 
西中地域学校協働会議
コミュニティ・スクール春日西中学校の運営・活動の計画を円滑に遂行するために、春日西中地域学校協働本部主催の西中地域学校協働会議を開催しています。
◇テーマ
 @前月の運営協議会の報告
 A学習支援、安全支援、環境支援の月間活動報告と次月
  以降の活動計画・調整・役割分担
 B西中コミュニティ誌ネビュラの製作進捗の報告 
 C各地区と学校との連携にいての打合せ
◇開催日時:隔月第2火曜日 19:00〜20:00
◇開催場所:春日西中学校コミュニティルーム
◇出席者:自治会コミュニティ・スクール担当(5地区)
     春日西中PTA(6名の各委員)
     春日西中学校の担当教員(4名)
     春日西中地域学校協働本部事務局(3名)
■事務局の紹介 
春日西中地域学校協働本部は、春日西中学校の星雲ホール横のコミュニティルーム(地域に開放された部屋)にあります。事務局は、学校・PTA・地域の連携・協働の推進のための連絡・調整や講師、ゲストティーチャー、ボランティアとの連絡・対応をしています。
◇事務局長 
森松重剛
◇スタッフ3名
◇連絡先春日市一の谷5丁目49番地 春日西中学校コミュニティルーム
  TEL/FAX 092-515-0744
 mail: knjh@csf.ne.jp

事務局長 森松重剛
 
コミュニティ・スクール取組みの経緯
平成18年
平成19年
・春日西中がコミュニティ・スクールの指定を受ける。
・学校運営協議会の設置(学校運営に自治会が参画) 
平成20年 ・西中サポート地域本部の設立(コミュニティルームを設けサポート地域本部事務局を置く)
平成22年 ・西中地域後援会の設立(OB会、PTA、自治会、地域事業者、住民の学校支援組織)
・西中校区自治会役員合同研修会「教育の視点で自治会運営を考える」(自治会役員と学校との交流の場)
平成23年 ・西中校区全体でのコミュニティスクールの取組み(小中学校・PTA・5自治会の連携)
  「WBC学校共育構想」(地域とともに生きていく児童・生徒の育成)
・西中校区スポーツ交流(5自治会役員・住民と小中学校の先生のチーム対抗グラウンドゴルフ大会)
平成24年 ・第1回全国コミュニティ・スクール研究大会(春日市で開催、全国から1,400人が参加、西中が実践発表)
・西中校区の5自治会が経済的支援も開始
・東日本大震災「石巻・学校と社会との協働教育をめざす共育フォーラム」に参加し支援活動
・西中ブロック「ワールドカフェ」開催(小中学校、PTA、自治会役員との自由な対話、毎年開催)
平成25年 ・東日本大震災「石巻・学校と社会どの協働教育をめざす共育フォーラム」への2回目の参加
・文科省「学校の総合マネジメント力協会セミナー」で実践発表
平成26年 ・西中ブロック「WBC防災訓練」を実施(小中学校、PTA、5自治会合同)
・春日市六中・生徒会サミット「研修・実践発表」で高評価
平成27年 ・コミュニティ・スクール取組み10年目を機に、9年間を総括し、今後の方向性を確認
・西中ブロックの学校支援地域本部として、組織・機能・運営を強化
・文部科学大臣賞を受賞(地域による学校支援活動を評価され学校運営協議会が受賞)
平成28年 ・春日西中学校コミュニティ・スクール10周年記念行事を開催
令和元年 ・「西中サポート地域本部」を「春日西中地域学校協働本部」に変更
コミュニティ・スクール
 
 星雲タイム
 
よのなか科
 
土曜星雲塾
 
 緑化活動
 
home